建築デザイン学科の研究室

赤木研究室人間の行動特性を解き明かし、ユニバーサルデザインを考える

赤木 徹也 教授

新宿キャンパス

現在、少子・高齢化現象が急速に進んでいます。このような社会背景のもと、さまざまな人間の行動特性と建築・都市環境との関係性を解き明かし、実際の計画や設計を通して、私たちの生活における「質」の改善に役立てる研究を行っています。これは、「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー」などにも通じるものです。この研究では、利用者の立場に立った計画や設計のあり方を学ぶことができ、設計実務にも大いに役立ちます。

主な研究テーマ

  • 環境行動論的研究
  • 各種建物の計画・設計の研究
  • 高齢者・子どもの住環境の研究
  • Wayfinding特性に基づく建築・都市空間の研究
Key Words
  • 環境行動
  • 生活の質
  • ユニバーサルデザイン

大内田研究室理論と実践の両輪から保存・再生デザインを考えよう

大内田 史郎 准教授

八王子キャンパス

近年は既存のストックを残して活用していく保存・再生デザインが重要な時代になりました。その対象は世界遺産や重要文化財の保存から民家の改修に至るまで幅広く、手法や関わり方も多岐に渡りますが、既存のストックをより上手く活かすためには、明快な理論に基づく実践が必要とされます。そのような状況において、都市と建築の歴史や文化を総合的に捉えて理論を検証しつつ、それを具現化する設計手法や空間構成の実践を探求し、保存・再生デザインを理論と実践の両輪から一緒に考えていきます。

主な研究テーマ

  • 近代建築史に関わる建築家及び建築作品の研究
  • 保存・再生デザインの理論と手法に関する研究
  • 国内外の駅舎建築の保存・活用に関する研究
Key Words
  • 近代建築史
  • 歴史的建造物
  • 保存
  • 復原(復元)
  • 活用
  • 駅舎
  • 鉄道建築

筧研究室施設にかかわるあらゆる人にとって有益な空間を考察する

筧 淳夫 教授

新宿キャンパス

病院や老人ホームなどの高齢者施設を対象として、患者、高齢者、子どもといった施設を利用する人たちや、医師、看護師、介護士などといったそこで働いている人たちにとって、快適性や安全性を保ちながら使いやすい建物を建てるための空間創りについて研究しています。また空間の面積、部屋の配置の仕方などが患者さんの治療に及ぼす影響を調べることにより、治療装置としてとらえたときの空間のしつらえ方についても研究を行っています。施設の利用者と勤務者の両面から考えた施設のあり方を考える研究です。

主な研究テーマ

  • 医療・福祉施設の安全性に関する研究
  • 施設環境と治療効果に関する研究
  • ヘルスケア施設のマネジメントに関する研究
Key Words
  • ヘルスケア施設
  • 快適性
  • 効率性
  • 安全性

樫原研究室新しい時代の都市と建築のプロトタイプを考えよう

樫原 徹 准教授

八王子キャンパス

21世紀に入り世界が大きく変化する今、社会に生きるさまざまな人々と共に、新しい都市と建築のプロトタイプを考える研究室です。
デジタルファブリケーションなどコンピュータを活用した空間づくり、ものづくりの実践や他分野における新しいデザイン思考の学習など、研究生それぞれの個性に応じた得意分野の育成をお手伝いしたいと考えています。
その他、教員が関わる国内外のフィールドリサーチやデザインワークショップ、町づくりプロジェクトなどに参加していただき、デザインという活動に必要な社会とのコミュニケーションの方法を学びます。

主な研究テーマ

  • 現代都市における空間利用の研究
  • 空間デザイン手法の研究
Key Words
  • 都市建築
  • 高密度居住
  • 都市再生

木下研究室日ごろの生活から建築につながる感性を養う

木下 庸子 教授

新宿キャンパス

日常生活の延長線上にある人間の営みのすべては、建築と密接に関連しています。つまり、「住まい」についてはもちろん、「食」や「旅」を考えることも、広い意味で建築を学ぶことにつながっているのです。
研究室では、現役建築家としての経験を踏まえて、学問という枠にとらわれずに、もっと身近なところから建築を考察しています。現代の家族のライフスタイルに対応する新しい住まいの提案や、光や音などを含む快適な住環境の考察、新しい素材を建築材料として使用した空間の可能性など、それぞれが興味を持ったテーマで研究と設計を行っています。

主な研究テーマ

  • 多様化する家族とその住まいについて
  • 都市住宅における新しい住まいの可能性
  • 都市における環境および景観資源について
Key Words
  • 住宅
  • 都市
  • 景観

後藤研究室もう壊さない。歴史に育まれた建物の真価を見つけて今に活かす

後藤 治 教授

新宿キャンパス

日本では、歴史ある建物や街並みが、次々に壊されています。こうした建造物や街並みをどのようにして残し、現代の生活に役立てていけるのかを探ることが、わたしたちの研究テーマです。歴史ある建物といっても、法隆寺や姫路城のような世界遺産に認定される由緒あるものから、懐かしい農村や商店街にある家のような身近なものまで、その種類や性格はさまざま。歴史ある建物を残し、使い続けることは、文化や観光の面で地域の豊かさ創造に貢献するだけでなく、資財の浪費防止や自然素材の有効利用という点でも、大いに重要なテーマです。

主な研究テーマ

  • 歴史的な建物を残す技術や制度の研究
  • 日本の歴史的な建物や街並みの調査研究
  • 日本の伝統的な木造建築技術の調査研究
Key Words
  • 保存修復
  • 伝統技術
  • 歴史的環境

小林研究室見て・触れて・調べて、歴史的建造物の価値を探る

小林 直弘 助教

新宿キャンパス

法隆寺をはじめとする寺社建築や身近な町家や民家、住宅まで日本には数多くの価値を有する歴史的建造物が残されています。これらの建造物が適切な維持管理、保存修理工事により現代のわれわれが目にすることができ、学ぶことができます。一方で価値ある建物が都市に埋没し活かしきれていない例や歴史ある建造物が壊されている現状もあります。研究室では、それら歴史的建造物の潜在的な価値を探ることと共に、現代に適合した維持管理や修理計画などの保存と有意義な活用について考えていきます。

主な研究テーマ

  • 歴史的建造物の調査研究
  • 文化財保存学
  • 日本の寺社建築の建築技術の変遷
Key Words
  • 日本建築史
  • 文化財保存学
  • 伝統技法
  •  

澤岡研究室人間の視線を自由自在に操り豊かな建築空間をデザイン

澤岡 清秀 教授

新宿キャンパス

建築設計の楽しみは、人間が建築空間の中で味わう経験を演出し、構成することにあります。ここでは、外から差し込む光や、刻々と変化する人間の視線を操りながら、豊かな空間をつくり上げる方法を学びます。また、古い建物を生かし、改修して新しい用途に再利用することで、都市再生を考える研究も行っています。こうした取り組みを通じて技術や知識を培うことで、将来は、建築家や都市デザインの専門家、行政での建築都市専門担当者、あるいは各種造形デザイナーやプロデューサーといった職種に就き、能力を伸ばす道が開けてきます。

主な研究テーマ

  • 設計・デザインの研究
  • 既存建築の改修・再利用の研究
  • 芸術文化施設の計画設計理論の研究
Key Words
  • 建築空間デザイン
  • 芸術文化施設研究
  • 既存建築保存活用

塩見研究室インテリアデザインを軸にあらゆるデザインを探る

塩見 一郎 教授

新宿キャンパス

あらゆる経済活動においてデザインは必要不可欠なものとなっています。そのなかでも日本のインテリアデザインは、アートやファッションと接合し、商環境を通して独自の空間デザインを展開してきました。
我々は、日常の生活における全ての場面で無意識のうちにインテリアデザインと密接に関わっています。
本研究室では、実際の空間体験を通して、社会におけるインテリアデザインの役割とその可能性を探ります。
またインテリアデザインのみにとらわれず、空間という大きな領域を研究対象とします。

主な研究テーマ

  • インテリアデザインの系譜の研究
  • 現代の生活とデザインの関わりについて
  • ブランディングにおけるインテリアデザインの役割の研究
Key Words
  • インテリアデザイン
  • ブランディング
  • 空間体験
  •  

冨永研究室身近な建築を実物大で考える

冨永 祥子 教授

新宿キャンパス

私たちにとって最も身近な建築である「住宅」。それはただの箱ではなく、日々の生活に力を与え私たちと共に生きていく、頼れる存在であってほしいものです。当研究室では、戦後から現在に至る日本の都市住宅について研究しています。建築家の思想や設計手法を学ぶのはもちろんのこと、その空間の魅力が具体的には何なのか、スケール・素材・ディテールを手掛かりに「原寸大のもの」としての建築感覚を身につけていきます。また今ある建築をリノベーションする手法についても実践を通して学びます。頭と身体の両方をフルに使い、建築の楽しさをどんどん広げていきましょう。

主な研究テーマ

  • 日本の住空間に関する研究・設計
  • 日本建築の伝統と現代に関する研究
  • 住まいのリノベーションに関する研究
Key Words
  • 日本の住まいと都市空間
  • インテリア
  • 歴史

中島(智)研究室華麗なヨーロッパ建築文化を通じ時代の発想や価値観を身につける

中島 智章 准教授

新宿キャンパス

建築は、さまざまな人間活動が営まれる場所です。そのため、つくるときも使うときも、たくさんの人たちの思いが反映されます。建築の歴史を学ぶことは、各時代の考え方や価値観を知ることであり、文化の異なる外国の歴史的建築に触れると、その幅が広がり、とても有意義です。この研究室では歴史的建築の研究を通じ、建築はもちろん、それぞれの時代の考え方や価値観を知り、世の中のさまざまなことを見て判断する「目」を身につけていきます。教員自身は、ヴェルサイユ宮殿に代表される絶対王政時代の建築を中心に研究を進めています。

主な研究テーマ

  • 近世ベルギーの都市防御システム
  • ヴェルサイユ宮殿の設計手法
  • ヴェルサイユ庭園の給水方法
  • 近世フランスのスペクタクル文化
Key Words
  • 建築史
  • ヴェルサイユ
  • 宮殿

西森研究室まずは見て、建築の楽しさを実感するところから始めよう

西森 陸雄 教授

新宿キャンパス

建築は楽しいものです。つくっても、見ても、そこに暮らしても楽しめます。学生のみなさんには、この楽しさを実感してもらうため、「必見の建築100選」リストを用意し、実際に見てもらいます。こうして建築に興味を持ったところで、「ヒトと空間」「都市空間」「商業空間」などを切り口に、「空間研究」「デザイン手法論」「建築コミュニケーション論」といった研究に着手。「商業空間」では、「人」「モノ」「情報」「経済」など、多角的な視点から研究を推進。
地方都市の活性化では、「観光」をテーマにした研究に取り組みます。

主な研究テーマ

  • 空間研究
  • デザイン手法論研究
  • 建築コミュニケーション論研究
  • 南伊豆町、東伊豆町のまちづくり調査/提案
  • 市場(Public Market)の調査/研究
Key Words
  • 建築の見方
  • 建築のデザイン
  • 人と建築の関係

藤木研究室21世紀にふさわしい建築のあり方を目指したデザイン

藤木 隆明 教授

八王子キャンパス

わたしたちが抱える難題のひとつが地球環境問題です。この問題を解決するには建築のあり方が深くかかわっていて、 わたしたちの生活そのものも見直していく必要があります。そこで、建築や都市、人々の生活をどのように変えていけばよいのか。さらに、それはどうしたら可能なのか。こうしたテーマに対する設計案を、デザインという観点から具体的に示すことを目標に研究と制作活動を行っています。 地球環境問題をふまえた21世紀にふさわしい建築を目指して、多方面から先端的なアプローチを展開しています。

主な研究テーマ

  • 建築の未来形に関する研究と実践
  • 自然指向型建築の研究と設計
  • 流体的/自然発生的計画理論
Key Words
  • エコロジー
  • 建築の設計
  • 環境建築
  • 自然
  • プラスチック建築

関連ページ