学生のアクティビティ

建築学専攻生が第8回ハーフェレ学生デザインコンペティション2016でハーフェレ特別賞を受賞

掲載日:2017年2月16日

11月8日、株式会社ハーフェレジャパン主催「第8回ハーフェレ学生デザインコンペティション2016」の審査会・表彰式が、ドイツ文化会館OAGホール(東京)にて行われ、大学院修士1年島田滉大さん(木下研究室)がハーフェレ特別賞を受賞しました。

コンペのテーマ「Sexy Sunroom」を、他の受賞作品が単体の空間として捉える中、島田さんの案は、コンペのテーマを多角的に捉え、廃線とまちの居場所というテーマで、'都 市における新しい自然の構築の可能性'を提案するということまでに波及する、広がりの豊かな提案です。その提案が好評を得て、急遽、当初想定していなかっ たハーフェレ特別賞が新たに加わり今回の「網庭」が選出されました。株式会社ハーフェレジャパン 代表取締役社長 カール・ハーネ氏からは、「東京という緑が非常に少ない都市において、今回のような都市の中に緑が増えるようなアイデアと、実際に具体的な敷地で提案する ことでリアリティを持たせている点が素晴らしかった。」と講評をいただいたそうです。おめでとうございます。

受賞コメント

今回、元々なかった特別賞を受賞させていただき、大変うれしく思います。今後も良い結果が残せるように尽力します。ありがとうございました。

島田滉大さん